×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

死活の基本型
02/09/11第1型〜第9型
死活のトレーニング
03/04/21第10型〜第18型
死活のトレーニング
04/09/27第19型〜第30型
実戦にきわめて生じやすい、隅と辺の基本的な死活の型を集めてみます。一通り変化を調べたら、あとは繰り返し眼で追って、形を見ただけですぐピンとくるようになりたいものです。

問題の部

第1型このまま黒死 説明

これが死の基本型です。白は手を加えることなく、このままで黒を取れています。黒がいろいろな手を打ってきても殺してください。
第2型 黒先生き 説明
      白先黒死

第1型にマガリが加わった。この型は黒先生きで、白先なら黒死です。

第3型 黒先生き 説明
      白先黒死

逆の方にマガリが加わった形です。理屈は前型と同じです。

第4型このまま生き 説明

第1型に、左右にマガリのある形です。実戦で出来る形です。白先でいろいろな手段を試みてください。
第5型このまま生き 説明

実戦に良くできる形です。白先でやってきても黒は完全に生きてください。

第6型 白先黒死 説明

この形は白先だと無条件で死にます。


第7型  白先コウ 説明

カケツギがサガリに変わった形です。白先でコウになります。

第8型このまま生き 説明

白からの攻めはいろいろありますが、黒が受け方さえ間違わなければ、決して死ぬことはありません。
第9型 白先コウ 説明

白先で手順よく攻めればコウになります。


死活のトレーニング

第10型 黒先生き 説明

眼形の急所はどこでしょうか。ホウリ込んである黒一子が働いて生きることができます。
第11型 黒先白死 説明

この白を殺すにはどう打てば良いでしょうか。第4型と似ています。

第12型 黒先白死 説明

実戦で出てきそうな形です。コウにされないように気をつけて無条件で取ってください。




第13型 黒先生き 解説

この形は黒がやや頼りない形だが、黒先で生きがあります。下方の黒のハネが命綱です。
第14型 白先黒死 解説

これまでに得た知識を利用して黒を殺してください。


第15型 黒先生き 解説

黒一手目の急所を見つけるのが難しいかもしれません。


第16型 黒先白死 解説

置碁で良く現われる形です。確実に殺せるようになってください。

第17型 黒先コウ 解説

前型に比べ、ダメが空いているので一筋縄ではいかない。コウになります。
第18型 黒先白死 解説

かなり難しい問題です。第17型とも関係します。


説明の部

1-1図 サガリ1

黒1とサガって形をひろげても白2とハネ黒3とオサエたら白4のオキで五目ナカデになり黒は死です。

1-2図 サガリ2

今度は黒1とこちらにサガっても白2とハネ黒3の時五目ナカデの形になり白4で黒は死にます。

1-3図  トビ

黒1が一番生きそうな形ですが、白2と急所にオカれ黒3とサエギっても白4とハネて、黒5のオサエには白6で黒は死です。
1-4図  マガリ

黒1のマガリには白2のオキが急所になります。黒3とサエギった時、白4とハネて五目ナカデの形になります。
1-5図  コスミ

黒1とコスミました。白2が急所です。黒3なら白4で黒は死にます。


1-6図  ハネ  問題へ

黒1、3とハネても生きはありません。白6のオキが急所です。白8とウチカイて黒は死にます。

2-1図  2の二

黒から1と打てば生きることができます。白2とオイてきても黒3と受ければよい。


2-2図  2の一

黒1が生きる際の急所の一つです。白2とオイてくれば黒3とサエギります。以下黒7まで五目ナカデにはなりません。
2-3図  失敗コウ

黒1とサガるのは味の悪い手です。白2のツケが急所になり、黒3、5でコウになり失敗です。

2-4図  白先黒死

白から殺すには1のハネです。これで第1型と同じになります。



2-5図  白失敗

白1とこちらをハネると黒は生きてしまいます。




2-6図白先黒死 問題へ

白1とツケると黒2がまぎらわしい手です。白3が大切な手です。白3で4と渡ると黒3とホウリ込まれてコウです。
3-1図  トビ

黒1のトビが分かりやすい。白2、4と両側からせばめてきても黒3、5で生きです。
3-2図  無力のオキ

白2のオキは急所ですが、黒3と受けていれば生きです。
3-3図  セキ

黒1のマガリでも生きています。白6まで後手ゼキです。黒は前図の方が良い。
3-4図  白先黒死

白から殺すには、マガリのある方から1とハネるのが正着です。

3-5図  急所のオキ

白1とハネた時、黒2のマガリなら白3と急所にオキます。

3-6図  腹ヅケ 問題へ

白1の腹ヅケでも黒は死にます。


4-1図 正着

白1のハネには黒2が正着です。白3には黒4で生きです。


4-2図 セキ

白1のハネに黒2のマガリでも生きています。前図のように地を持つほうが良い。

4-3図 逆ハネ

白1とこちらからハネてみます。黒2が確実な生き方です。


4-4図 危険

白1のハネに黒2のトビはやや薄い手です。白3のオキから5と出た時、黒6とオサエたりすると白7とハネられ、ダメ詰まりで7の右にはオサエられません。
4-5図 黒生き

前図の6は失着で黒6とサガレば、白7に黒8とアテることができ生きています。



4-6図 直接ツケ

今度は直接白1とツケると黒2とハネます。白3とコスンでコウねらいですが、黒4とアテてコウ味を消して6とサガッて生きです。

4-7図 オキ

白1、3もうるさい手です。黒2、4で黒生きです。

4-8図基本型ができるまで

黒は星から大ゲイマにヒラいたところへ白が三3に入った図です。

4-9図 第4型 問題へ

黒8まで第4型とほぼ同じです。


5-1図 オキ

白1のオキに黒は2とツキアタります。白3のサガりに黒4とオサえます。白5と放り込んでくれば黒6と抜きます。白7で白3の右に一子取るのは後手になるのでつまらない。
5-2図 白先手ヨセ

前図の黒6で本図黒6と白の一子を取ると白7を先手で打たれたことになります。




5-3図 黒2必要 問題へ

白1のサガリなら黒2の備えが必要です。黒2を省くと白先黒死となります。




6-1図 ハネオキ1

白1とハネて3とオクのが筋です。黒4の時、白5のサガリが教わらないと打てない大切な手です。黒6の時、白7のホウリコミがあって左方の一眼がツブれます。

6-2図  ハネオキ2

白1、3の時、黒4のツッパリも、白5の好手があります。やはり黒は無条件死です。



6-3図 単オキ 問題へ

白1のオキでも死んでいます。黒2なら白3、5の順です。




7-1図  正解

白が攻めるには白1が急所
です。黒は2とトビつけ、白3のアテに4と受けてコウにすることができます。

7-2図 失敗1

黒2のツキアタリは悪手です。白5で黒はダメヅマリで白は死んでしまいました。


7-3図 失敗2 問題へ

白1とオクのはでは失敗で  す。黒2のツケに白3とコウ  にしようとしても、黒6まで   で黒は生きてしまいました。
8-1図  ツケ

白1は眼形の急所ですが、黒2のハネから4、6で生きています。



8-2図  コスミ

白1のサガリは油断できない手です。黒2のコスミが発見できれば解決します。



8-3図  うるさい手

白1がうるさい手です。黒2はこの一手ですが、白3とサガラレた時、黒はどう打つか。黒4だと白5とホウリ込まれてコウになってしまいます。
8-4図  黒4好手

黒4と放り込むのが好手で
す。コウにはなりません。

8-5図  ツグ

白5のアテには黒6とツイで
います。

8-6図オシツブシ問題へ

白1の時黒2と打ってオシツブシです。

9-1図  コウ取り番

白1のオキが攻めの急所です。黒2、白3の時に黒4と受けると白5とホウリ込ませ黒の取り番のコウになってしまいます。
9-2図 コウ1

白3の時、前型で成功した黒4と打ってみます。白5とアテ、黒6とツギます。


9-3図 コウ2 問題へ

白1とコウを取ります。白の取り番のコウになります。


10-1図 正解

黒1のトビで黒が生きになります。


10-2図 3子で取る

白2が急所のように見えますが黒3のツギで、左右に眼ができます。黒5と3子が取れるので、眼になります。
10-3図 失敗

黒1と広げる手でも、生きられそうですが、白からうまい攻め手があります。

10-4図 隅の曲がり四目

白2がやはり急所です。白6まで隅のマガリ四目で黒が死んでいます。
10-5図  失敗

黒1と抜くと白2とハネて五目ナカデの形にされ死にです。

10-6図 失敗 問題へ

黒1のマガリには白2と打ち白6まで隅のマガリ四目の形になり黒死です。
11-1図 正解

黒1のツケがいい手です。これで生きはありません。

11-2図 ダメヅマリ

白2のツケには、黒3です。白4に黒5がダメヅマリのねらいです。
11-3図眼形をつぶす

白2とハネても、黒3にサガります。黒5まで五目ナカデで死にです。
11-4図 ナカデ

白2と広げても、この形はどうしてもナカデになってしまいます。

11-5図 失敗

黒1と外からハネる手は、第10型と同じ形になってしまいます。白2と打たれて失敗です。
11-6図 コウ 問題へ

黒1のオキは、白2と打たれて、黒3の時白4にハジかれると、コウにされてしまい、やはり失敗です。
12-1図 正解

黒1と2の一にオキが急所です。この手で無条件です。


12-2図 五目ナカデ

白2のツギには、黒3から黒5が手順で五目ナカデになります。

12-3図 ダメヅマリ

黒1の時、白2とウッテガエシをねらわれたら、かまわず黒3にキリます。白4に黒5でダメヅマリです。
12-4図 キリ

黒1の時、白2と打っても、黒3のキリで死んでいます。


12-5図 失敗

実戦でやってしまう失敗は、黒1のキリです。白2と受けられると、コウになってしまいます。
12-6図 オキ 問題へ

黒1のオキも急所ですが、白2と2の一に打たれると、隅が眼になります。黒3とワタっても眼はつぶせません。
13-1図 正解1

黒1のコスミが好手です。白2の出から4のオキが急所ですが、黒5と眼を確保します。

13-2図 正解2

単に白2のオキも考えられる。黒3しかないが、白4、6でコウのように見えるが、黒7、9でオイオトシです。
13-3図 正解3

白2のハネなら、黒3でがっちり生きます。


13-4図 失敗1

急所と思われる黒1はどうだろうか。白2の出から4のオキがある。黒5なら白6まで黒死です。
13-5図 失敗1変化

黒5とツゲば白6と打たれてやはり黒死です。


13-6図 失敗2 問題へ

ガッチリ黒1とツグと白2とハネられ、黒3には白4とオカれて死です。

14-1図 正解1

黒1のサガリが正解です。白2のオサエなら白3のハネで終わりです。 
14-2図 正解2

白1のサガリに黒2のヘコミなら白3の急所のオキで黒は死んでいます。
14-3図 失敗1

白3のハネは失敗です。黒4の眼ヅクリが好手で、生きられてしまいます。
14-4図 正解3

白1のオキを打つのも正解です。黒2の時白3とオサえて黒には生きがありません。


14-5図 正解4

黒4とツケる手には白5が大切な手です。白5でうっかり6と渡ると、黒に5とホウリ込まれるとコウになってしまいます。
14-6図 失敗2 問題へ

白1、3のハネツギは黒4のサガリで生かしてしまいます。白の代表的な失敗例です。

15-1図 正解1

急所は黒1のヘコミです。白2の時、黒3と眼を作ります。これで効率よく生きています。
15-2図 正解2

黒1の時、白2に置いてきたら、黒3とハネが大切な手になります。黒7まで黒生きです。
15-3図 失敗1

白2と置かれた時、あわてて黒3とさえぎるのは失敗です。白4とサガられて死んでしまいます。
15-4図 失敗2

黒1、白2となった以上は、黒3とヘコむしかない。白4とアテ、黒5でコウです。
15-5図 失敗3

本当は黒1のハネはコウにもならない悪手です。白2のオキが好手で黒死です。
15-6図 失敗4 問題へ

黒1は白2で死です。あまりにも無策です。

16-1図 正解1

白1のハネて白2ならまた黒3とハネればカギ型の死形になります。
16-2図 正解2

白2に対しては黒3のハネが賢明です。白4のヘコミなら黒5のツケが急所です。
16-3図 失敗1

黒3とアテるのは俗で白4とツガれてはもう死なない形になりました。
16-4図 失敗2

黒1と出るのも俗手です。白4とカケツがれてはもはや死にはありません。

16-5図 失敗2の続き

黒1が食い下がりの手段ですが、白2の時、黒3と元をツナいでも白6まで生きてしまいました。
16-6図 失敗3 問題へ

黒1は巧くいきません。白8まで生きられてしまいました。


17-1図 正解1

黒1とハネてから、3と置くのがこの白を攻める筋です。白4の時、黒5とツイでいるのが冷静で、白6に黒7から9とサシ込んでコウです。
17-2図 失敗1

黒1のハネから3に出て5に置くのは場合によっては有力ですが、ここでは失敗です。白6と突き当たるのが最善です。

17-3図 失敗1の続き

黒1とダメをつめると、白2と抜き、黒3を誘います。白4が妙手で黒5に白6とオサエ、この形はコウではなく、オシツブシで白生きです。
17-4図 失敗2

前図白4が妙手で、この手を白1とサガるのは黒2とハネられて、隅の曲がり4目になります。

17-5図 失敗3

前図の白3では本図の白3とツメてコウにするしかない形です。黒4、白5でコウです。


17-6図 正解2 問題へ

白10コウトル(2)
黒1、白2の時、俗ですが黒3、5も成立します。白6と抵抗し、白8から10とコウを取ります。
18-1図 正解

黒1、3、5が有効になります。白10が好手です。黒はここが考えどころです。






18-2図 正解続き

白4・・・二子取る
黒5取り返す
黒1が妙手です。白2の時黒3と白の一子を取ります。白4は「1の1」へ打って黒2子を取ります。黒5は白の一子を取り返します。隅の曲がり4目の形になって白が死にます。
18-3図 失敗

普通に黒1取り返すと白2とオサエ黒3でコウになります。コウになっては失敗です。







ホームページへ  次のページへ  このページのトップへ    詰碁のページへ