×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

捨石3
2 連絡切断の捨石

13型  黒先

いま、白△にツケられたところです。白の意図がどこにあるかは明瞭です。あなたは殿軍の将。全軍の犠牲となって無事本隊を救出してください。









13−1図  あきらめ
実戦ともなれば仕方がないとあきらめて、黒1とツグ人がいるのではないでしょうか。
だがこれは白2と切られて黒五子を取られて、被害は甚大です。







13−2図  正解
ここは黒1とワリ込みを打たなければなりません。白2と打てば黒3と切ります。これで白aの切りはなくなり全軍無事帰還できます。








13−3図  捨石
黒1に対して白2と切るなら、黒は三子を捨石にして3から5と連絡します。敵の攻撃を一手に引き受けた殿軍としては、このくらいの犠牲は止むを得ません。戦っては退き、退いては戦う。このカケヒキがなくては殿軍の将はつとまりません。





14型  白先
白△の二子を救出する手があります。
ヒントは黒六子のダメヅマリです。






14−1図  無策
白1、3と突き出すのは無策です。こんな単純な手では成功するはずがありません。黒2とハズされ、白5の切にも黒6と鋭鋒をかわされます。





14−2図  正解
白1とハネるのが好手筋です。黒2とオサエたら白3と切ります。







14−3図  捨石
黒1とカカエたとき、すかさず白2とハネます。これも重要な手順です。黒の応手には、aのオサエ、bのハネ、およびcの取りの三つが考えられますが、黒がそのいずれをとっても、必ず白は連絡できます。つまり、この場合の白△は捨石です。


14−4図  連絡
黒1なら白2と出ます。黒6子はアタリです。それに黒aと遮断する手もありません。黒3には白4です。むろん、白aと黒のツギを交換して4と打ってもかまいません。




14−5図  ハネへの対策
次は黒1のハネに対する対策です。この場合は白2と食わせて黒をダメヅマリに導くのがよい手になります。白2のあと、黒aと取るなら、白b黒ツギ白cで1の一子が取れます。




14−6図  続き
黒1と一子を取れば白2と突っ込んでアタリです。ここでも△の捨石が有効に働いて、黒a、または黒bとツグ余裕を与えません。




14−7図 黒不利なコウ
とすれば黒は1と取る一手です。そこで白2と切って両アタリです。このあと、黒abのコウの余地はありますが、黒七子がアタリになるコウです。黒に勝ち目はありません。




14−8図 白コウを避ける
白がコウを避けたいなら、白1、3とする手法もあります。黒aとツゲませんから、黒4白aで黒▲を取ることができます。






14−9図 無事撤退
最後の一つは黒1の取りです。しかしこれならもっと簡単で白2と出ればよい。黒aなら白bで両アタリです。こんどもコウになりません。
黒は14−2図の2の手で、aあたりに打って白に連絡させるほかないということになります。


15型  黒先
下方の黒三子を助ける道はただ一つ、白△の二子を取るしかありません。その時必要なのが犠牲バントです。どこでどう打ったらよいでしょうか。 15−1図  ヘボ筋
黒1、3とするのはいわゆるヘボ筋です。白2、4と受けられたあと・・・


15−2図  
黒5とここで犠牲バントを行っても、白6から8とポン抜かれれば攻め合いにもなりません。



15−3図  失敗
黒9とツイだとき、白10と出て12とサガれば完全な二眼の生きです。



15−4図  正解
黒1と飛びつけ3と切りチガエる。白△の二子は取られたも同然です。


15−5図  解決

白4と一子をカカエれば、黒は5と突っ込みます。黒▲の捨石がここで奏功し、白aとツグ手はありません。白がbと一子を取り、黒はaと白△二子を取って上下の黒は連絡します。
15−6図
15−4図のあと、白1には黒2とキリます。白aとはツゲないので、白bと黒aとツナがります。

15−7図
黒1とツケたとき白2とサガるなら、黒3とオサエ、白4のハネダシには黒5とキリます。白aにはツゲません。
15−8図  先手のフリカワリ
こうなれば白6は絶対です。そこで黒7と白二子を取って連絡し、白8とカカエたとき先手をとって他の大場に向かうことができます。 15−9図  白無理
黒1に白2のツギは一般に最強の抵抗ですが、この場合は無理です。黒3のサガリから黒7まで黒の一手勝ちになります。


ホーム

印刷される方は縮小印刷でお願いします。