×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

定石外れのとがめ方5
問題の部

第44型  黒番  解説

白1のサガリは、弱気な手です。黒はどのように対処しますか?
第45型  黒番  解説

黒1のスベりに白2のツケは頑張り過ぎです。黒はどうとがめますか?
第46型  黒番  解説

白1のキリは無理な仕掛けです。黒はどうとがめますか?
第47型  黒番  解説

白1と出たのは強引な仕掛けです。黒はどのように対処しますか?
第48型  黒番  解説

47−2図の後、白1と動き出してきました。しっかり白を取ってください。
第49型  黒番  解説

白1、3のツケ切りは定石外れです。黒はどうとがめますか?

50型  黒番  解説

白1のツケから3のハネ出しは手順前後です。黒はどうとがめますか?
第51型  黒番  解説

白1のハネコミが強引な仕掛けです。黒はどのように対処しますか?
第52型  黒番  解説

白1から7と突破しにきましたが、これは無理手です。黒はどのように対処しますか?
第53型  黒番  解説

白1のオサエは頑張り過ぎです。簡明に白の無理手をとがめてください。
































解説の部

44−1図   手順

黒1のハサミに白2は良いサバキですが、白4が重い手でした。白4では、4の一路左に打つのが正着でした。
44−2図  正解

黒1のオサエが要点です。白2に黒3と受け、黒は隅の地を大きく取りながら白への攻めを見て十分です。
44−3図  正解変化

黒1に白2と仕掛けて来れば、黒3の反発が強い態度です。黒7まで下辺が大きく黒有利です。
44−4図  失敗  問題へ

黒1のノビは急所を逃しており、白2で隅の地を損します。白6まで黒の攻めが難しく、不満が残ります。
45−1図  手順

黒1のカカりから3のスベリ、ここで白4とツケた局面です。白4はaの受けが正着でした。
45−2図  正解

黒1のハネ出しで仕掛けたいところで、白6まで先手で隅を荒らして黒十分です。
45−3図  失敗1

黒1のヒキは弱気です。白2と戻られると、隅をピッタリ止められてしまうので面白くありません。
45−4図  失敗2  問題へ

黒1のブツカリは俗筋です。白4までこの図も隅の白がピッタリ止まるので面白くありません。
46−1図  手順

黒1から9までは定石手順でしたが、白10が打ち過ぎでした。白10ではaにハネ込む形です。


46−2図  正解

黒1、3のワリツギが良い手です。白は4とツグよりないので、黒5と白一子をカカエて黒十分です。
46−3図  失敗1

黒1のサガリは弱気です。白2とシチョウにカカエられては面白くありません。
46−4図  失敗2  問題へ

黒1のアテは打ち過ぎです。白2、4で隅を分断されると、黒は嫌な形です。
47−1図  手順

黒9までは定石手順ですが、白10の出は打ち過ぎでした。白10ではaと動き出すくらいです。
47−2図  正解

黒1のノビが冷静な応手です。白2、4には、黒5まで下辺の黒地が大きく黒良しです。
47−3図  失敗1

黒1のオサエは白の注文です。白2と切られると嫌な形で、黒3と頑張っても黒苦しい。
47−4図  失敗2  問題へ

黒7と左辺を頑張るのも白8、10で隅の黒は取られ形なので、やはり黒はうまくいきません。

48−1図  正解

黒1と外して受けるのが白に調子を与えない好手です。白2、4にも黒5まで受けて問題ありません。
48−2図  正解・続き

1図に続いて白1から5と抵抗してきても、黒8まで白に生きはありません。
48−3図  失敗1

黒1と隅を受けるのは方向がよくありません。白2、4と下辺に発展されると、取るのが難しくなります。
48−4図  失敗2  問題へ

黒1のオサエは、白2のハサミツケが嫌なところです。黒3には白4、6で突き破られてしまいます。
49−1図  手順

黒7までは定石手順でしたが、白8、10は少々乱暴な定石外れです。白8では10のツケが正着でした。
49−2図  正解

黒1から3とアテるのが好手順です。白4のとき黒5のオサエが好手で、黒7まで白二子を取って黒十分です。
49−3図  失敗1

黒1から3と出たくなりますが、これは白の注文です。白6まで隅の白地が大きく、黒面白くありません。
49−4図  失敗2  問題へ

黒1からアテるのは準備不足で、白2、4の返し技があります。白6まで分断されては黒の嫌な形です。
50−1図  手順

黒5のツケまでは定石手順ですが、白6、8は手順前後です。白6では8のハネ出しから打つのが正着でした。
50−2図  正解

黒1のノビが冷静です。白2のツギに黒3とカカエ、隅の地を占めているので黒有利なワカリです。
50−3図  失敗1

黒1のオサエは弱気で、白2のアテから4と閉じ込められては、黒のツライ姿です。
50−4図  失敗2  問題へ

黒1の切りは白の注文です。白2、4のアテから6と出られると、黒は収支困難になります。
51−1図  手順

黒1から5はよく打たれる進行ですが、白6は定石外れです。白6では5の一路右のハネが正着でした。
51−2図  正解

黒1、3と受けます。黒7まで、双方白△と黒▲が傷んでいますが、隅を取っている分、黒有利な形です。
51−3図  失敗1

黒1と下から切るのはよくありません。白2に黒3とツイでも、白4とカカエられてはさっぱりです。
51−4図  失敗2  問題へ

黒3とカカエても、白4の切りから8まで隅の白地が大きく、この図も黒面白くありません。
52−1図  手順

黒5までは定石手順でしたが、白6、8と仕掛けたのは打ち過ぎです。白6では12か2の一路右などが正着でした。
52−2図  正解

黒1のオサエが冷静な返し技です。白2の取りには黒3で連絡しています。こうなると白の形は重く、黒良しです。
52−3図  正解変化

白2のサガリには、当然黒3とツギます。続いて白4には黒5のトビで白低位です。黒有利は明らかです。
52−4図  失敗  問題へ

黒1のツギは白の注文です。白2と黒一子をシチョウにカカエられては面白くありません。
53−1図  手順

黒5までは定石手順ですが、白6のオサエは頑張り過ぎです。白6では6の一路右のノビが正着でした。


53−2図  正解

黒1のサガリが冷静な手段です。白2なら3のキリが厳しく、黒7まで白一子をカカえて十分です。
53−3図  正解変化

黒1に白2のツギなら、黒3とワタリます。黒▲と連絡できたので黒十分です。



53−4図  失敗

黒1と左辺をハネるのは弱気です。白2、4とノビられると黒は低位なので面白くありません。


5 ホームヘ