×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ウソ手

20型〜28型
03/02/14
29型〜40型
03/12/01

20型  黒先  解説
┳┳┳┳┳┳┳┳┳┓
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼○┼┫
┼┼┼┼┼●┼┫
┼┼┼┼┼●┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼┼○┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
╋┼┼┼┼┼╋┼┼┫
黒石がにある場合は、のどちらをオサエるのが本手でしょうか。
21型  黒先  解説

置碁の基本的な定石です。手順中、黒9のアテコミが好手で白10と打たせてから11とオサエます。次の黒の一手は?
22型  黒先  解説
┳┳┳┳┳┳┳┳┳┓
┼┼┼○┼┼┼┼┫
┼┼┼┼○●┼┼┼┫
┼┼┼○●●●┼┼┫
┼┼┼○┼┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
╋┼┼┼┼┼╋┼┼┫
ツケオサエ定石で白が少し変わった打ち方をしました。のどちらが本手でしょうか。
23型  黒先  解説
┳┳┳┳┳┳┳┳┳┓
┼┼┼┼┼┼┼┼┫
┼┼●┼○┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼●┼┼┫
┼┼┼┼○┼┼●┼┫
┼┼┼┼┼┼○●┼┫
┼┼┼┼┼┼○○┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
╋┼┼┼┼┼╋┼┼┫
のどちらが本手でしょうか。

24型  黒先  解説
┳┳┳┳┳┳┳┳┳┓
┼┼○┼┼┼┼┼┫
┼○┼●┼┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼●●┼┫
┼┼┼┼●┼┼┼┼┫
┼┼┼┼┼○┼○┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
╋┼┼┼┼┼╋┼┼┫
と辛抱するか、と反発するか。

25型  黒先  解説
┳┳┳┳┳┳┳┳┳┓
┼┼┼┼┼○┼┼┫
┼┼┼┼○┼○●┼┫
┼┼┼○●┼●┼┫
┼┼┼┼●┼┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
╋┼┼┼┼┼╋┼┼┫
黒はここでとアテていくべきでしょうか。とツイでいるべきでしょうか。
26型  黒先  解説
┳┳┳┳┳┳┳┳┳┓
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
●┼○┼●┼●┼┼┫
ろい┼┼┼┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼┼○┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
╋┼┼┼┼┼╋┼┼┫
置碁で良く出てくる形です。厳しい攻め方を考えてください。
27型  黒先  解説
┳┳┳┳┳┳┳┳┳┓
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
┼●┼┼○┼┼┼┫
┼┼┼┼┼●┼┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼●┼┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼┼●┼┫
╋┼┼┼┼┼╋┼┼┫
白に対する攻め方の問題です。

28型  白先  解説
┳┳┳┳┳┳┳┳┓
┼┼┼┼●○┼┼┫
┼┼┼●●●○○○┫
┼┼┼┼┼┼●●○┫
┼┼┼┼┼┼┼┼●┫
┼┼┼┼┼┼┼●┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
┼┼┼┼┼┼┼●┼┫
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┫
╋┼┼┼┼┼╋┼┼┫
はどちらが得でしょうか。

29型  黒先  解説

置碁に良く出てくる形です。AとBのどちらが本手でしょうか。
30型  黒先  解説

白5と急所にオイたところです。シチョウは黒良しです。本手はA、Bのどちらでしょうか。
31型  黒先  解説

白5はハメ手に近い手です。黒6で8のところへ受けておけば隅は黒地です。この後黒はA、Bどちらに打つのが良いでしょうか。
32型  黒先  解説

白1、3と打って隅をねらってきました。黒が手抜きすると白「ア」のツケがあります。それを防ぐにはA、Bのどちらが良いでしょうか。
33型  黒先  解説

置碁の基本定石です。白7と隅を取られるが黒は手抜きしたのでやむうえません。定石だから本手はすぐ分かるでしょう。
34型  黒先  説明

ツケノビ定石です。黒は隅を守り白への攻めもねらえるのはA、Bのどちらでしょうか。

35型    白先  解説

黒2の大ゲイマに受けてから白13までは定石です。黒14と変化してきました。白はAとBのどちらに打ったらよいでしょうか。
36型  黒先  解説

白1のスベリに黒はどう受けるのが良いでしょうか。よく出てくる形ですね。

37型  黒先  解説

この局面ではA、Bのどちらが本手でしょうか。白△の石と関連します。A、Bの手でと出ていくのはに打たれてしまいます。

38型  黒先  解説

黒4は一間トビが普通です。白5のツケに黒はどう対応しますか。
39型  白先  解説

白三々に入った時、黒2と打つたのはウソ手です。定石は「アか3」です。黒4、6と厳しくきましたが、白はAとBのどちらが適切でしょうか。
40型  白先  解説

白1と三々に入って黒2、4と打ったところです。AとBのどちらが良いでしょうか。


















解説

20-1図  本手 

20-1図
黒1とこちらからオサエるのが本手です。白2は絶対ですから、そこで黒は3とカケていきます。5まで黒は立派な姿です。辺の星の一着も立派に働いています。
20-2図
黒1とサエぎるのはウソ手です。辺の星が働いていません。これは黒の甘い形です。
20-2図  ウソ手 問題

21-1図  本手

21-1図
黒1とこちらにサガるのが冷静な好手です。白2のとき、3とキッて2子を取りきります。

21-2図
黒1とサガるのはウソ手です。白2、4とワタられてしまいます。黒は眼のない形で攻められることになります。
21-2図  ウソ手 問題

22-1図  本手

22-1図
黒1が本手です。白2にひいた時、黒3とアテて5とカカエます。この手順が大切です。

22-2図
先に黒1とアテるのは手順を間違えました。このあと黒3とキッても白4とノビられてしまいます。
22-2図 ウソ手 問題

23-1図  本手

23-1図
黒1のトビが本手です。こう打って黒3とツケてワタる手段を残しておく方が良い。

23-2図
黒1は白2とサガられて黒3は、はぶけません。黒は左の一子を分断されています。
23-2図  ウソ手 問題

24-1図  本手

24-1図
この場合は黒1とヒいて辛抱しているのが本手です。

24-2図
こう打ちたくなりますが、白6の後、時期を見て白10のデが残ります。白10の手があるので辛抱が正解です。
24-2図  ウソ手 問題

25-1図  本手


25-1図
強く黒1とアテて3とツいでいてよいのです。白4とくる手は恐れません。黒11までと打って、白にもキヅがあるので怖くありません。

25-2図
かなり強い人でも黒1とツグようです。
25-2図  ウソ手 問題



26-1図  本手



26-1図
黒1とコスみ、白2には黒3とハネます。白4には黒5とツケてもたれて攻めます。

26-2図
攻める石に直接ツケるのはよくありません。白6とポンヌキを許しては良くありません。(初級・中級者には黒地が大きく見えてしまいます。)
26-2図  ウソ手 問題



27-1図  本手

27-1図
右隅を固めつつ、白2子を攻めます。

27-2図
黒1と大上段にいくと、白2と三3に入られて、隅に変化されて甘くなります。



27-2図  ウソ手 問題

28-1図  本手

28-1図
白1とツゲば6目の地ができます。

28-2図
白1とカケツグと3目の地になります。




28-2図  ウソ手 

29-1図  本手B

黒1が本手です。黒7までが定型です。しかし、隅はまだ手残りです。詳細は定石とコウの第10型をご覧ください。
29-2図  ウソ手A    問題へ

黒1のアテから3とオサエ込んでいくのは打ちすぎです。白12まで白十分です。
30-1図  本手B

黒1が本手です。白2のキリに黒3のサガリが手筋で素晴らしい手です。以下黒15まで白のツブレです。
30-2図  シチョウに注意

前図白8からの変化図です。白12のシチョウは黒良しですから黒1の手は成立します。シチョウをしっかり読んでおく必要があります。
30-3図  黒失敗

黒3とオサエたくなりますが、これは白4とカカエられて良くありません。黒失敗です。
30-4図  ウソ手A    問題へ

黒1のツギはウソ手です。白2、4とワタられて黒全体を攻められてしまいます。
31-1図  本手A

黒1が本手です。黒3とノビキればまあまあです。
31-2図  ウソ手B     問題へ

黒1とツゲば白2とワタられ白の思うツボでつまりません。
32-1図  本手A

黒1とトンで受けるのが働いています。白2は無理ですが黒17まで白の無理を証明しました。
32-2図  ウソ手B     問題へ

黒1は堅い手です。隅は完全に確保できましたが発展性に欠けます。

33-1図   本手A

黒1は堅実で置碁の場合はお勧めです。黒1を手抜きすると白1と打って攻められます。
33-2図  ウソ手      問題へ

白の一子の動きをある程度制限していますが、白はまだ動き出す可能性を残しています。
34-1図  本手B

黒1とガッチリとツグのが本手です。次に白への攻めをねらうことが出来ます。

34-2図  ウソ手A      問題へ

黒1が初心者の間違いやすい手ですがウソ手です。白2とハネられると黒3と受けて隅の地が減り白2があるため白への攻めがねらえなくなります。
35-1図  本手A

白1が本手です。黒2に白3が見落としやすく素晴らしい好手です。黒がダメヅマリになっています。
35-2図  ウソ手B     

白1には黒2と打って楽になりました。白3に黒4と白の一子を取ります。白5とアテ
続いて
35-3図

黒1が大切な手です。白2の取りには黒3とアテます。白4の取りには黒5とアテ
続いて
35-4図    問題へ

黒6まで黒の厚い姿です。


36-1図  本手A

黒1と三々に守っておけば隅を確保して安定します。白は追求しようがありません。
36-2図  ウソ手B     問題へ

黒1と受けるのは白2とスベられて黒3と受けなくてはなりません。ちぢこまった形です。
37-1図  本手A

黒1とサガるのが本手です。黒3のハシるのが好手です。白△があるので黒3が光って見えます。
37-2図  ウソ手B     問題へ

黒1と打つのは黒3と走る方向がつまりません。
黒1の石の方向を間違えました。

38-1図  本手B

黒1が本手です。白2の時黒3とハネます。黒▲とのコンビネーションがとても素晴らしいのです。
38-2図  ウソ手A  黒7ツグ  問題へ

黒1と受けるのは良くありません。白は隅に地を持って中央に頭を出しているので十分です。
39-1図  本手B

白1が本手です。黒2のオサえに白3とキリます。黒4のツギは両アタリをふせいでいるので仕方がありません。白5とツイで黒のウソ手をとがめています。
39-2図  ウソ手A    問題へ

白1はウソ手です。黒6まで白2子を取られたうえ、の急所がのこっています。

40-1図  本手A

白1が本手です。黒2とヒラいた時、白3に打ちます。
40-2図  ウソ手B     

白1はウソ手です。黒2、4で白が困ります。黒8まで隅の白石は取られています。
白5で6と4の石をアタリにすると黒5とキリ、白は4の一子を抜きます。
その後黒は白1をシチョウにカカエて黒有利でしょう。


ホームページへ