×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

      打ち込み2

第4型  白先   解説

白はどこに打ち込みますか?





第5型  白先  解説

小ゲイマからコスミで守った黒▲の構えは相当堅い形ですが、周囲に白が迫ってきた図です。どこに打ち込みますか?


第6型  白先  解説
白△と黒▲の交換があっても黒1の三々は成立し、序盤の終わり頃から攻防の要所となります。黒が三々に侵入する時期は周りの強弱によって決まります。
逆に侵入された側も周りの状況によって変化します。
白はどのように打ったらいいでしょうか。
















第7型  黒先  解説
白△と受けた局面です。ここで、左上に厳しい手があります。それは、どこでしょうか。




















































4−1図  白1の打ち込み

白1が厳しい打ち込みです。白3の時、黒は白を遮るか、連絡させるか、考えどころです。







4−2図  ワタリを遮る

置き碁での下手は星から大ゲイマにシマリ、そこを自分の地にすることに専念するので、白にウマウマとその執着を利用されます。むしろ隅に白が入ってきたら、そこで白を生かして、外勢を張ることを考えた方が良いと思います。
黒1は白を窮屈にイカそうというので、殺そうというのではありません。従って無理に取りにいって、自分の方が切断されないようにすることが肝要です。
4−3図  白フシをつける

白1から白7まで出切って複雑にします。
4-4図  黒打てる

黒1が大事な手です。白2、4と隅に生きをはかります。黒の外勢は素晴らしく、黒打てます。
4−5図  コウ

手抜きの隅の白には黒1とハネる狙いがあります。白2のオサエなら黒3のツケコシが手筋です。以下黒9まで、白のダメヅマリでコウになります。
4-6図  白ツライ

前図のコウが嫌なら、黒がハネたとき白1と引けば避けることができます。しかし、黒2とアテられ、白3とへこんで生きる姿はいかにもつらい。
4-7図  複雑化

4-4図白2と生きに向かった手で、白1とノビて複雑化を図ります。白3からキッて5。黒6のノビは当然です。白7のスベリに黒8のツケを利かし、更に黒10とツケます。

4-8図  黒打てる

続いて黒4、白5とお互いに生きる。そこで黒6のノビ。黒の姿は堂々としていて、黒打てます。
4-9図  ワタらせる

4-2図の黒1を本図黒1のように打ち白をワタらせることもあります。白2のワタりに黒3とがっちりツギます。白4には黒5とツケる手が大切です。
4−10図  白カライ

白△の時、黒が断点をツガずに、黒1とオサえてきたら、白2、4とハネツぎます。隅の黒地を減らしてカラい打ち方です。
4−11図  黒最強の応手

黒の最強の応手は黒2です。白を取ることは出来ませんが、この変化がどうなるのか知っておくことは、大切です。この後白はどう打つのでしょうか。
4−12図 相手の弱点を狙う

まず白1から5とフトコロを広げます。黒6のとき、ここだけでは二眼確保は無理なので、相手の弱点を狙って戦いに持っていきます。白7、9のデギリが厳しい好手です。攻め合いは白勝ちになります。
4-13図  白は生きるが

前図黒2の変化図です。黒2とツケてみます。白は生きるためには、白5、7のツケヒキで広げます。
4−14図  前図の続き  問題へ

白1とアテられても黒2のツギが利いているので怖くありません。白3で生きられますが、黒4とツイだ姿は厚く、黒も満足できます。
5−1図  三々

この形は、白1の三々に入られると、簡単に白を取ることはできません。黒2とオサエるのが最も普通の応手ですが、白3のコスミから5のハネで広げてきます。
5−2図  コウは怖い

黒6のオサエなら白7で簡単にコウです。コウ争いをするのは相当怖いでしょう。
5−3図  白のシノギ

白を取れるわけではないのですが、黒1のオキから黒3と白を追求するのが厳しい。白は4のハネを決めてから6のハネがシノギ筋です。これが利くので白を取れません。
5−4図 白も外がひどい

しかし、黒7、9に対して白は10と眼を持って生きる形ですから、黒11とハネ上げて白も外側がひどい形です。

5−5図  取りに行くと

5−3図の黒3とオサエた手で、黒1、3と打てば白の眼を取ることはできます。問題は周囲の黒が耐えられるかどうかです。白4に5とオサエるしかありませんが、ここで白6と切られて黒は困っています。
5−6図  白の一手勝ち

黒7とツイで白を取りにいくよりありません。このとき白の手数は三手です。ところが白8と受けられると黒は二手しかないのです。黒9のハネには白10、12で攻めあいは白の勝ちです。
5−7図  コウ

白1、3の手順ができたら、黒4とオサエる方が簡明です。白5とコスんできます。黒6とオサエれば白7のカケツギで5−2図に戻ります。黒八8とアテてしまうと白9のコウで黒も怖いのです。
5−8図  簡明         問題へ

したがって、黒1、3と取ってしまうのが簡明でしょう。先手で黒ははっきり生きています。黒1で2のオキなら、白4、黒1で隅の地は稼げますが、黒は後手です。


6−1図  白軟弱な態度
まず白1の押さえから3と処理するのは軟弱な態度で、後は白7まで必然手順となります。本図は弱い石だった下辺の黒石が根拠を確保して強くなり、何ら不満がありません。逆に、これでは白失敗が明らかでしょう。








6−2図  白利かされ
1図白3の変化です。白3のグズミも大同小異で、消極的な打ち方です。













6−3図  遮断する一手
黒三子はまだ完全に根拠を確保していません。そんな場合は白1とサガって遮断する一手です。勢い黒は2,4と動き出すことになります。










6−4図  三々打ち込み定石
後は白1から黒8まで三々打ち込み定石の一型です。白は左辺を破られましたが、その代償に得た鉄壁を背景にして白9と黒▲の三子を攻め立てて、一局の主導権を手中に収めます。
6−5図  大同小異
6−3図黒4の変化です。本図黒3のコスミも大同小異です。白4、6が好手で、黒7が省けません。白8と攻撃されて、実利をむさぼった黒は6−4図と同じような展開となります。









6−6図  コスミは筋違い           問題へ
級の人の中には白1とコスむ人がいますが筋違いです。下辺の黒三子に対する攻撃力が格段に低下するからです。











7−1図  攻めの三々
黒1と三々に打ち込むのが厳しい手です。黒3はシチョウ有利の時の手です。シチョウ不利の時は5にハネます。白4から8となったとき、黒9を利かします。白10の時、黒11が好手です。次にaのキリが狙えます。bとアテられても、シチョウは黒よしです。


7−2図  黒ペース
切りを防いで白1と守ったときに、黒2で隅が生きているのがしゃれています。白3、5ときても、黒▲があるために上辺は白も苦しい戦いです。黒は地を稼いで隅を荒らしたうえに、戦いも負けていません。黒ペースの進行です。
7−3図  ゲタ
白△のようにサガっておけば、黒1に白2とゲタで取ることが出来ます。










7-4図  狙いのキリ
黒▲のとき、白1、3と打たれると隅の黒に二眼できません。
しかし、ここで黒4が狙いのキリです。








7−5図  圧倒的
続いて、白1と打ってもシチョウでは取れず、3の備えが省けません。黒10まで利かして、黒の厚みが圧倒的です。隅の五子は取られたというより、取らせたかっこうです。黒が大いによしです。




7−6図  白も満足
白△に、黒1とハネ、5,7は普通の打ち方です。黒9まで左辺と連絡して隅を荒らすことができます。しかし、白8から10と上辺に展開して、白も満足の進行です。黒は、7−1,7−2図のように積極的に打ちたいところです。




7−7図  白苦しい
なお、黒▲に白1は無理な打ち方です。黒2から4と切られて白が苦しくなります。










ホームへ